宣伝効果の高い横断幕|展示会やイベントには必須の宣伝手段

男の人

生地と印刷の種類

旗

展示会やイベントには宣伝や広告に力を入れる企業も多いでしょう。他社よりも多くの来場者を呼びこむためには、効果的な宣伝が大事です。特に、自社の商品やサービスを目的としていない来場者を獲得することで、売上も上がるかもしれません。ですから、効果的に宣伝をするための手段として、横断幕を制作しましょう。これがあると、遠くにいる来場者にも自社の宣伝を行うことが可能になります。そのため、展示会やイベントでは自社のブースが来場者で一杯になることもあります。

横断幕を制作するためには、生地の種類や印刷方法を選ばなくてはいけません。現在は制作する業者のスキルも向上しているために、いろんな生地に印刷することができます。印刷方法も代表的な手法だけ3種類あります。昇華転写プリントと弱溶性インクジェットプリント、そしてUVインクジェットプリントの3種類です。ですから、企業の担当者は横断幕の使用目的や設置場所に合わせて選ぶことができます。

特に生地の種類はとても豊富になっています。布素材だけでなく、ビニール素材でも制作することが可能になっています。屋外に横断幕を設置する場合は、急に天気が悪くなって雨が降ることも想定して制作しないといけません。水分を吸収すると可読性が低下する生地を選んではいけません。水分を吸収しないビニール素材で制作するといいでしょう。さらに最近は熱に強い防炎加工した生地もありますので、火元や暑い場所に設置する横断幕に最適な素材です。